ジャンプスターターの改造

f0313510_02453286.jpg

suaoki U10を改造しました。本体と安全装置間の延長ケーブルに続き、安全装置とその先のケーブルとワニ口クリップに手を加えました。安全装置は、横の小さい穴からしか確認できなかった動作確認ランプの光を、短く切ったアクリル角棒で上側に導いて確認しやすくしました。小さい穴に細い棒を差し込まないと押せなかった強制スタートボタンは、ホームセンターの自動車用品売り場で入手した適当な大きさのプラスティリベットという物(内外装の固定に使われるであろう部品)を加工してボタン上のケースに内側からはめ込み、直接指で押せるようにしました。
ほぼプラスチック製で頼りなく感じていたワニ口クリップは、金属製のクリップに絶縁カバーの付いた大自工業の8sq用の物に交換しました。安全装置とクリップまでのケーブルは、マイナス側はそのまま使用し、プラス側だけ純正の8AWG(8sq相当)より太い6AWG(14sq相当)のシリコンケーブルを使って元より20cm位長くしました。一度純正と同じ8AWGで長くしたのですが、ワニ口クリップの所で調べたCCA値が低下したので、あらためて6AWGで作り直しています。


f0313510_02443221.jpg

純正の赤ケーブルは約22cm。6AWGで約40cmに作り直しました。できるだけ長くしたかったのですが、太いケーブルでもCCA値が思うように改善せず、この長さにしました。安全装置側はハンダ付け、クリップ側はかしめてハンダ付けです。途中CCAテスターで確認しながら作業しましたが、ハンダ付けの良し悪しでコンマ数mΩ位の違いがあるかもしれません。CCA値でみると結構バカにならない数値です。


f0313510_02450294.jpg

分解した純正のワニ口クリップ。金属部分は先端だけで、ヒンジ部分ははめ込みです。多くのジャンプスターターで同じ物が使われているようですが、使おうとしたらいきなりばらけたというレビューもあり、耐久性に不安を感じていました。しかし電気的には優秀で、グリップ根元でケーブルを接続するよくあるワニ口クリップに比べて電気抵抗の面で有利です。コストダウンも含めてよく考えられています。交換したワニ口クリップ(本体は鉄製で銅めっき)はグリップ根元のケーブル接続部分付近と先端のクランプ部分では、プラスマイナス合わせて1mΩ近くの抵抗値の違いがあります。微々たる数値ですが、ケーブル数十cm分くらいのロスで、CCA値だとかなりの違いになります。結局、交換したワニ口クリップではグリップ根元からヒンジを過ぎたあたりまで8AWGの渡り線を無理やりハンダ付けで増設しました。これで根元と先端の抵抗値の差が改善し、改造前と同じ300CCA前後が出るようになりました(本体と安全装置間の延長ケーブルを使用しない状態)。

CCAテスターでチェックしながら作業しましたが、思うようにCCA値が改善せずあせりました。予定よりケーブルを短めにして渡り線を付けてまずまずの数値になりましたが、繰り返しのCCA値測定でリチウムイオンバッテリーにダメージがあるのかCCA値測定がそれなりに電力を使うのか、安全装置側のハンダ付けでリレーに熱が伝わり数値に影響したのか、予想通りにはなりませんでした。ケーブルの抵抗値は事前に1mの長さで95D31のバッテリーにつないでCCAテスターで調べてバッテリー単体での数値との差で把握しましたが(1mで6AWGだと1mΩ、8AWGで1.9mΩだった、接続部分でのロスもあるかも)、10cm切り詰めるよりもハンダ付けの良し悪しの方が影響大きいかもしれないと感じました。CCA値は翌日数機のエンジン始動を試した後に測定すると、改造直後の数値を大きく上回り改造前よりもいい315CCAを記録しました。大電流でバッテリーが活性化するのでしょうか、リレー接点がアークで浄化されるのでしょうか。その後測定を繰り返すと300CCA前後で落ち着きました。ケーブルの長さはもう少し欲しいので、再度付け替えるかもしれません。

ちなみに本体と安全装置間の延長ケーブルは8AWGで長さ10cmちょっとくらいで、それを使うと抵抗値は1.3mΩ増加、CCA値は30ほど低下します。ケーブルの延長による影響以上にコネクターによる接続箇所増加の影響の方が大きいようです。

[PR]
# by shedlighton2 | 2017-03-24 02:53 | その他 | Trackback | Comments(0)

やさしさ


[PR]
# by shedlighton2 | 2017-03-20 14:33 | music | Trackback | Comments(0)

余談


[PR]
# by shedlighton2 | 2017-03-16 03:54 | music | Trackback | Comments(0)

世界が


[PR]
# by shedlighton2 | 2017-03-13 23:48 | music | Trackback | Comments(0)

KLEINのニッパー

f0313510_22154724.jpg

活線を切ってニッパーを駄目にしたので同じ物を買い直し。クラインのD2000-28です。高耐久刃で偏芯軸の強力ニッパーで200mmサイズ。選択理由はたしか、サイズの割に先端が先細になっていて使いやすいんじゃないかと考えてだったと思います。


f0313510_23405706.jpg

工具を使うようになって最初に買ったのはフジ矢の強力ニッパーでした(70-150だったと思う)。手に合わないようでじきにクニペックスの強力タイプ160ミリに替えました。よく切れたけど使った感触が好きではなく(グリップをわざと少ししならせてる?硬い物を切った時のバッチーンという手応えが好きじゃなかった、しなることで握力が強い領域を有効活用できるのかも)、数年後にはなぜか先端が欠けていて、めっき仕様コンフォートグリップモデルも持ってたけどこれは太い握りが気に入らず、今度はケイバへ。強力ニッパーN-217(175mmを購入、とっても仕上げがきれいで美しいニッパーでしたが、刃の根元に皮むきの穴が!自分は必要としてません。ガラケーで検索して購入しましたが小さい画面では気付きませんでした。調べたら同社のヨーロッパタイプだと穴が無いと知って次はその175mmを購入。しかし、握り幅が少し広めで手に合わず、使う気になれませんでした。色々と検討してたどり着いたのがクラインです。使ってて不満はないし、もう悩みたくありません。

[PR]
# by shedlighton2 | 2017-02-23 02:31 | プライヤー類 | Trackback | Comments(0)

Suaoki U10 smart clamp unit disassembly

f0313510_00403599.jpg
はめ込みの物を分解するのは気を使います。写真奥の方から小さいマイナスドライバー二本でこじ開けました。


f0313510_03481923.jpg
プラス側のケーブル延長はなんとかいけそう。マイナスは反対側に小さい部品多いのでハンダ使うのは怖いです。


f0313510_00395395.jpg
赤と緑のLEDは小さすぎて移設は難しい。スイッチ移設はできそうだけど、そのままの位置で押しやすく加工する方がベターか。


f0313510_00393866.jpg
日立のと形が似ているけど、本体接続時のLEDの挙動が違うらしい(コネクターも違う)。構造はどうでしょう?


2017/03/25 追記
色々と改造しました。こちら。
ところで。本体側は防塵防滴構造のようですが、安全装置側はそのようには見えません。保護等級の表示は探したけど見つかりませんでした。

[PR]
# by shedlighton2 | 2017-02-18 00:48 | その他 | Trackback | Comments(0)

ジャンプスターターの延長ケーブル

f0313510_03141621.jpg

8AWGのシリコンケーブルとEC5コネクターで作成。たまたま大き目の熱収縮チューブも持ってたので接続部位を保護するように被せました。

f0313510_03134524.jpg

suaoki U10の本体と安全装置の間に噛ませます。それまでの本体に安全装置直差しだと見づらかった動作確認ランプ(緑色の小さなランプ、すぐ横で赤も光る)を確認しやすくなりました。コネクターに無理な力が掛かる心配もせずに済みます。使用時の本体の置き場所の自由度もアップ。
長いと電力をロスしそうな気がするので短めに作りました。パワー不足を感じる時には外して使います。


ケーブルとコネクターはハンダ付けです。60Wのハンダごてだと上手くいきそうになかったので100Wでやりました(鉛フリーではないハンダ使用)。コネクターは失敗してもいいように2セット買い、一発目コネクターにハンダを流し込みすぎてあふれてコネクター周囲がハンダだらけになり失敗。それ以降もハンダがコネクターの周りに結構付着して、というか抜けると怖いのでケーブル挿した後コネクター外側をハンダごてでかなり温めたのでグダグタに。吸取器とか持ってないのでヤスリで削り取りました。ハンダがヤスリに練り付いて、後で針のような物で除去するの大変でした。
ケーブルの長さ決定は、本体に差す側を先に作って、本体に差した状態で決めました。何も考えずそのままニッパーで切ろうとして、バチバチバチッ!と火花が飛びました、ショートです。クラインの200mmニッパーを駄目にしてしまいました。というか、リチウムイオン電池をショートさせてるし。安全装置無しも考えたけど、リチウムイオンバッテリーをショートさせたらまずいだろうと思って安全装置活かすようにしたのに。バッテリーはそう傷んでないと信じたいです。加熱保護機能付いてるのが本体側だといいけれど。
(2017/02/18 追記 海外のジャンプスターターを分解している動画等で見る限り、本体側のコネクターはリチウムイオンバッテリーに直付けみたいです。分解動画見たのは、もしかして4セルのジャンプスターターもある?と思ったからですが、数例見た物はみな3セルでした。)
コネクターをハウジングに挿入するのが大変かもと心配してましたが、双方をファンヒーターで温めたら手でなんとか入りました。ハンダを線に流し込み過ぎて先の方が硬かったからかもしれませんが。シリコンケーブルが耐熱200℃で良かった。


2017/03/25 追記
安全装置からワニ口クリップまでも延長しました。こちら。

[PR]
# by shedlighton2 | 2017-02-15 04:41 | その他 | Trackback(1) | Comments(0)

フラッシュライトの材質

f0313510_00421372.jpg

奥のふたつのライトより、手前のZebralightの方が圧倒的に使用頻度高いのですが、けっこう無造作に使ってるのに傷が目立ちません。購入から5年近く経ってます。頭に被ったキャップに付けて使いますが、時々落とします。電池キャップのクリップ側の擦れた跡は道具か何かで掃除していてガリっと削ったのを覚えていますが、普段の使用での傷はほとんどありません。奥ふたつは先端など指でなぞると引っかかるような傷がありますが、Zebralightは打痕すらありません。さすがに角のハードアノダイズドが薄くなった所はありますが、本体の材質は硬いのではないかと思ってます。年数経って質感の違いを感じます。

ネット上にはZebralightの材質について詳しく記述されている所もありますが、Zebralight自体のWebサイトではそれほど詳しい記述は見つけられませんでした。フラッシュライトメーカー十数社をざっと見てみましたが、大抵エアクラフトグレードアルミニウムといった記述だけです(SolarforceとXTARは材質の型番があった)。Zebralightは明るさなどで考えると他のメーカーより割高に感じますが、材料にコストが掛かってるのかもしれません。同じような質感のメーカー他に無いかなと思いますが、独自性の強い所でないと材質にこだわるのは難しい気がします。Surefireには縁が無いのですが、同じように耐久性高いのだろうかと気になります。


2017/02/21 追記 フラッシュライト筐体の材質は、硬さや耐久性以外に、導通性や熱の伝わり易さなど他の評価項目もあるようです。同一メーカー内でも、出力などによって材料を使い分けているかもしれません。

[PR]
# by shedlighton2 | 2017-02-13 01:54 | フラッシュライト | Trackback | Comments(0)